前へ
次へ

商品券を売るよりクレジットカード現金化がおすすめ

現金化したい時には、チケットや商品などを売る方法もあります。しかし金額面を考慮しますと、やはりクレジットカード現金化が一番おすすめです。クレジットカード現金化であれば、比較的大きなお金を確保する事ができます。例えばチケットなどを金券ショップに売る方法も、一応あります。過去に受け取った商品券などを金券ショップに売っている方も少なくありません。ですがその手段の場合、金券の金額以上を確保する事はできません。手持ちの商品券の総額が3万円であれば、3万円未満になってしまうでしょう。それに比べると、クレジットカード現金化の方が多くのお金を確保できます。

そもそもクレジットカードのショッピング枠は、比較的大きな数字になっている事が多いです。20万円や30万円など、数字は比較的高めです。上述の商品券のように、少額ではありません。ですから、まとまったお金が必要な時は、商品券を売るよりはクレジットカード現金化の方がおすすめです。何も商品券だけではありません。電化製品や衣服など色々な物を売ってみる方法もありますが、価値が高い物でなければ、大きなお金を確保するのは困難です。その点クレジットカード現金化であれば、比較的まとまった現金を確保できる傾向があります。しかもクレジットカード現金化は、入金もスピーディーです。商品券などを売るよりは、遥かにスピーディーに入金してもらう事もできます。ですから現金が必要な時は、何か物を売るというよりは、クレジットカード現金化の申し込みをする方が良いでしょう。

Page Top