前へ
次へ

クレジットカード現金化をするデメリット

クレジットカード現金化は審査も不要で使い勝手が良い現金調達方法となりますので、キャッシングやカードローンといった借入ができない方にはおすすめできる方法ではあります。ですが、クレジットカード現金化もメリットだけではなくデメリットもあります。そのこともしっかりと認識しておく必要があります。このデメリットを知らないばかりに後々トラベルになることもありますので、メリットだけではなくデメリットもしっかりと知っておきましょう。クレジットカード現金化は正しい使い方をしている分にはそれほどリスクはありませんが、間違った使い方をしているとクレジットカードが最悪使えなくなってしまうことにもなりかねません。

ではクレジットカード現金化にはどのようなデメリットがあるのかと言いますと、それはカード会社では利用規約でクレジットカード現金化を禁止をしていますのでそれ抵触すれば今後カード決済ができなくなることです。勘違いをしないようにしたいのは、クレジットカード現金化は違法ではありません。ただしカード会社で定められたルールに違反しているということです。つまり、カード会社のルールに従わないと最悪クレジットカードを今後使えなくなるということです。そこで、クレジットカード現金化をする場合には短期間のうちに繰り返して行わないようにします。繰り返し行ってしまうとカード会社の方でクレジットカード現金化をしているのではないかと疑われます。そうなると厄介なので、短期間で繰り返さないようにします。そうすれば、換金性の高い商品をクレジットカードで買っても通常の買い物をしているとカード会社も思ってくれます。

Page Top